手軽に買えるお茶のおすすめパックと言えば「ハーブティー」です。

この記事では、お茶パック含めておいしくハーブティーのを飲むためのポイントについて解説しています。

ハーブティーを美味しく飲むために用意をする物

用意する物

  • ハーブティー用ポットまたはカップ、急須
  • ドライハーブ
  • カップ
  • 砂時計またはタイマー
  • 大さじスプーン
  • 密閉容器

専用のティーポットは、特別に用意を必要はありません!これまで自宅のお茶を飲んでいた物で、大丈夫です。

道具を揃えるとき素材として適しているのは、化学変化を受けない、陶器・ガラス・プラスティック・ステンレス・木でできているものです。

また、忙しい時や一人分のハーブティーを入れるときに便利なのが、茶こし付きカップです。片付けの時も楽です。

慣れてきたら、ポットにかぶせお湯の温度が下がるのを防ぐティーコゼー(ポットカバー)や、固い実やスパイスを砕く時に使う乳鉢と乳棒があると良いでしょう。

HARIO (ハリオ) 茶茶 急須 丸 450ml CHJMN-45T

HARIO (ハリオ) 茶茶 急須 丸 450ml CHJMN-45T

796円(11/20 11:20時点)
Amazonの情報を掲載しています

ハーブティーを美味しく飲むための順序

1:カップをあらかじめ温めておきます。

カップに注ぐ際に温度が下降するのを防止するため、そして、香りや風味を損なわないために、先立ってカップを温めておきます。

2:ティーポットにハーブを入れます。

美味しいハーブティーの飲み方:ティーカップ約1杯から約2杯入れて沸騰したお湯を注ぎます。

有効成分を取り出すために、必ず熱湯を入れましょう。

お茶パックであれば、カップにそのまま入れて飲んでもOKです

クリアな茶器にハーブを入れると色や茶葉が楽しめます。

3:ティーポットの蓋をして蒸らします

美味しいハーブティーの飲み方はハーブティーの抽出の際は、最低でも3分かかります。

また、時間を掛けてゆっくり香りを楽しむこともハーブティーの楽しみの一つです。
その際、保温と揮発性の有効成分を逃がさないようにするために必ずティーポットの蓋をする事が重要です。

4:カップに流し入れて出来上がりです

お茶パックで直接カップで作った人は、この工程は不要です。

流し込む前に、ティースプーンでかきまわしてから流し入れると濃度や味など均一に保てます。

自分の好みでレモンスライス・ハチミツなどを加えて下さい!

また、最後の一滴はベストドリップという旨みとハーブティーの成分が一番詰まった「美味しいトコロ」です。
誤って捨ててしまわないように、ご注意ください。

温かいハーブティーを飲むと体がポカポカと温まり、リラックスできますよ。

ハーブティー茶葉の種類や形式によっていろいろな入れ方が

お湯出し編

まずはじめに、お湯出しのドライハーブティーの入れ方です。

ティーポットとカップはあらかじめ温めておきます。ティーカップ1杯(150~180cc)に対して大さじ1杯(3~10g)のハーブを入れます。
沸騰から一呼吸おいたお湯(98℃前後)を静かに流し入れます。香りが逃がさないように素早くフタをします。

フタをして3分蒸らします。

蒸らし終えたら、すぐにハーブを取り上げてください。
そのまま放っておくと、苦みや渋みが出てしまいます。

ハーブティーと合わせておすすめのお茶

ハーブティーと合わせてごぼう茶もおすすめです。
水溶性食物繊維のイヌリンが便秘を改善する他、母乳にも良い効果があると言われています。

お茶パック(ティーバッグ)

お茶パックは、職場(オフィス)や出先で便利です!

ホットティーと同様ににカップはあらかじめ温めておきます。
ティーバッグ1個でティーカップ1杯分(150~180cc)です。

お湯(98℃前後)を静かに流し入れます。香りが逃げないように素早くフタをします。

フタをして3分蒸らします。蒸らし終えたら、すぐにハーブティーバッグを取り上げます。

ちなみに…

お茶パックはティーパックではなく「ティーバッグ」が正式名称だそうですよ。

生葉(フレッシュリーフ)

生葉(フレッシュリーフ)は、新鮮なものを選びます。ハーブ本来のフレッシュな味と香りを楽しめます。

ティーポットとカップはあらかじめ温めておきます。フレッシュリーフは小さくカットしてふわりと入れ、ポットに対して半分くらいが目安です。
お湯(98℃前後)を静かに注ぎます。香りが逃げないように素早くフタをします。
フタをして3分蒸らします。

スプーンでゆっくりとかき混ぜ、ハーブティーの濃度を均一にします。
茶こしを使い、温めたカップに注ぎ入れます。

煮出し編

種子や根、固い実やスパイス系などの抽出におすすめです。あらかじめ乳鉢などですりつぶしておくと、能率的に成分がドロアされます。

ドライハーブ10gに対して水500ccが基準となります。
鍋に水とハーブを入れ、中火にかけ沸騰させ、軽くフタをします。
沸騰したらとろ火で約10分煮出します。

煮出して飲みたいグリーンルイボスティー

煮出して飲みたいお茶にはグリーンルイボスティーがあります。
ルイボスティーの独自成分であるSODをはじめとする有効成分がたっぷり抽出できるので、煮出して飲むのがおすすめです。

茶こしを使い、温めたカップに流し入れます。

アイスティー編

お湯出しや煮出し編の入れ方で入れたハーブティーを冷蔵庫で冷やす方法もあります。
こちらのほうが、冷やす時間は必要ですがたっぷりつくれます。

グラスは冷蔵庫などで冷やしておきます。

大さじ1杯のハーブに98℃前後のお湯約100ccを注ぎ、フタをして3分蒸かします。(ホットハーブティーの2~3倍の濃さでつくります)
グラスいっぱいに氷を入れ、蒸らしたお茶を手早く流し入れ、軽くかきまわして出来上がりです!
すぐに飲めるアイスティーの完成です。

水出し編

マテやエルダーフラワーなどによく使用されています。熱湯を使用していないので渋みやカフェインを抑制できます。

ドライハーブ小さじ山盛り1~2杯に対して水200ccがスタンダードです。
容器に水とハーブを入れ、かきまわします。
フタをして常温で6時間ほどおき、ハーブをこして冷蔵庫で冷やします。24時間をスタンダードに一気にかきまわしゴクゴクと飲み下しましょう。

妊活のためにハーブティーを飲むことを検討している人へ

ハーブティーを飲む目的は人それぞれですが、妊活のためにハーブティーを飲む人が増えてきています。
そんな人におすすめなのが、マカナ(サプリ)です。マカや葉酸など、妊活サポート成分がたっぷりとはいったサプリです。
実はルイボスティーなどハーブティーも含まれている妊活サプリなんですよ。